IVY. COSMETICS

  • Q. SPF・PAとは何のことですか?

    A.

    使用シーンに合わせて日やけ止め化粧品を選ぶことができるように、日やけ止め化粧品の紫外線防止効果を表示しています。肌を赤くし、シミの原因をつくるUV-B防止効果を表しているのがSPFです。また、老化の原因などとなるUV-Aの防止効果を表しているのがPA表示です。

    「SPF」は、Sun Protection Factorの略で、UV-Bの防止効果を表し、何も塗らない時と比べて日やけを起こす時間を何倍伸ばせるかを示した目安の数字です。数値が大きい方がUV-Bの防止効果は高くなります。「PA」は、Protection Grade of UVAの略で、UV-Aの防止効果を表す目安です。PAは、「PA+」、「PA++」、「PA+++」、「PA++++」のいずれかで表わしますが、「+」が多いものほどUV-Aの防止効果は高くなります。数値等が大きくなると効果は高くなりますが、汗をかいたり、タオルで強く拭いたりして取れている場合もありますので、効果を保つために、こまめにつけなおす様にしてください。日やけ止め化粧品の選択の参考として下図をご参照ください。ご使用になるSPFおよびPAの製品を目的に応じて、どの程度のものをお選びいただければいいのか、ご参考になるものと思います。しかし、気象条件、季節、時間帯、お使いになる場所などによって紫外線の強さは異なりますし、紫外線の感受性は各個人で異なりますので、あくまでも目安としてお考えください。

    生活シーンに合わせた紫外線防止用化粧品の選び方 
PA+ SPF10 程度 :日常生活(散歩、買い物等) PA++~+++ SPF20~30 程度 : 屋外での軽いレジャーなどの活動
PA++~++++ SPF30~50(+) 程度 : 炎天下でのレジャー、リゾート地でのマリンスポーツなど (非常に紫外線の強い場所や紫外線に特別過敏な人達等) 注)光線過敏症など疾病に伴う紫外線に特に過敏な方は医師の指導に従ってください 日本化粧品工業連合会編
    「紫外線防止用化粧品と紫外線防止効果」より

    より効果的な紫外線防止のためには、紫外線防止用化粧品を使用していても、つばの広い帽子をかぶる・日傘をさす・長袖を着るなど、できる限り紫外線を浴びない工夫をし、日光にあまり長くさらされ続けないようにしましょう。

  • Q. 日やけ止め下地とファンデーションを重ねるとSPFは足した数値になりますか?

    A.

    「SPF」の数値は、それぞれの製品ごとに紫外線防御効果を測定して表示されているものなので、単純にそれぞれの数値を足した数値になるわけではありません。
    しかし、単品で使用するより重ねて使った方が、紫外線防御効果が高まることは間違いありません。
    特に日やけが心配される時には、重ねて使用するとより効果的です。

  • Q. 日やけ止めは子ども(あかちゃん)でも使用できますか?

    A.

    お子様に日やけ止めを使う場合は、子ども用の日やけ止め化粧品をおすすめします。
    乳児は肌が特に敏感なため、日やけ止め化粧品の使用はお勧めしません。乳児の肌は大人に比べて敏感であるため、パラソルや帽子などで直射日光を浴びないようにしてあげましょう。